最新の投稿

うまいと尊敬する家事は

家事の負担を減らすために考えたいこと よく、冷蔵庫の中にある残り物野菜や、目の前にあるだけの材料を使って、素早く料理を作ってしまう人がいます。
最近は女性ばかりでなく、男性も一人暮らしをしていると、器用に、そして上手に料理をする人が増えました。
きちんと食材を揃えてくれば、誰でも料理というのはできるものだと思うのですが、そこにある限られた材料だけから美味しいものを作りだせる人は、素晴らしいと思います。
料理の手際がよく、何種類ものおかずを瞬く間に作ってしまう人に対しては、素直に尊敬の念を抱いてしまいます。

料理はイマジネーションだと考えている私にとって、発想力の素晴らしさや目の付け所といった点に感動するのだと思われます。
家事というのは毎日続くものですし、特に食事の支度は一日に最低三度はしなければならないことですので、それがてきぱきと、しかも上手にこなせる人は単純にすごいと思います。
また、食べることは家族にとっても楽しみでしょうし、健康を守るという意味においても、料理をする人の責任は重いものがあります。
それをてきぱき、さっさとできるということは、他の事に取り掛かれる時間がそれだけ増えることになり、結果として家の中はいつもきれいに整っているのではと思います。